失敗しない秘訣は、いざという時に身体を万全にしておくこと。

日本橋の隣、茅場町の励まし女性整体師 鶴見光沙子です 😀


2月19日に、常連さんで以前に紹介した、合気道を愛する男・みっちゃんが、来院された。

この日に注意されたのだが、「僕は、がたいの良い男性じゃなくて、かわいい男性だから、ちゃんと

説明しておいて。」と言われたので,記しておきます。


ま、それは、おいといて。


合気道を愛するみっちゃん。もうすぐ合気道の検定があります。

その為に調整に来られました。


いざという時の為に、身体を万全にしておくということはとっても大事。


そんなみっちゃんも、過去に油断して時間があいても、1ヶ月に一回くらい来た方が良いのだが、

「まだ大丈夫!」とたかをくくって1ヶ月以上来ないでいたら、急にぎっくり腰のようになって、

ひいひいといいながら来院されたことがあった。

それからというもの、きちんと定期的に来院されるようになった。すばらしい。


この日に一番気になるのは肩から手首にかけてどこかわからないけど、筋肉が張って、奥の方に痛み

があるとのこと。

検定に向けてかなり腕立てやら、握力やらも毎日筋トレをして鍛えているみたいなので、それも影響

はあるだろう。


まず、肩は三角筋(さんかくきん)肉がかなりがちがちになっている。上腕は、上腕三頭筋(じょう

わんさんとうきん)の長頭(ちょうとう)が張っていて、肘から手首にかけては、とう側手根屈筋

(とうそくしゅこんくっきん)が張っていた。


上腕三頭筋の長頭と、とう側手根屈筋が張っていたことは、みっちゃんも分かっていなかった。


自分のことは自分が一番良く分かっていないものです。


順番に徐々に両腕をゆるめていくこと10分、全体がゆるんできた。

腕が楽になり、痛みが取れたとのこと。


これで、あとは無茶して壊さない限り、検定まであと一回来てもらえれば、身体の調整は万全です。

検定がパスすることを意図しています 😉



コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です